読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人にそなわる不思議なチカラ

ストーンジュエリー・デザイナーまゆみの熱量の源。日々の気づき。大好きなもの。大切なもの。

異才発掘プロジェクト「ROCKET」全国説明会@東京 2017.5.12

こんにちは、にしじままゆみです。

 

かねてより、親子で注目していた

 

異才発掘プロジェクト「ROCKET」

 

全国説明会に、参加してきました。

 

異才発掘プロジェクト「ROCKET」とは?

 

todai-umeet.com

 

東京大学の中邑教授が、冒頭でいきなり

「おじさんは、変態ですから!」と、力強く宣言されて。笑。

 

 

めっちゃシンパシー感じる!!(´艸`*)

 

 

まず、活動趣旨として触れていたのは、

 

ギフテッド教育を

目的としているものではないこと。

 

 

「うちの子を、ハーバード大学に入れたいんです!」

「うちの子を、オックスフォード大学に入れたいんです!」

 

そういう人たちのためにやるプロジェクトでは、ないですよ~、と。

 

「ぼく、東大の先生なのに、平気で

 そういうことを言う、親御さんがいらっしゃるんですよ?笑。」

 

の一言に、会場内は、笑いに包まれました。

 

ギフテッドと言っても、いろいろなタイプの子がいますから

 

あくまでも、ここでは、学術的な分野に突出している

(ハイリー)ギフテッドの子たちのために

教育を行う場ではない、という風に

線引きをされていらっしゃるようです。

 

わたしが聞いている限り、

ROCKETは、教育の場ではなく

 

 

能力や発達に凸凹がある

ユニークな子どもたちに与えられる、学びの場

 

既存の公的教育の枠から

はみだしちゃった、押し出されちゃった子たちが、

自分の発想を自由に表現したり、

遠慮なく、トライ&エラーを重ねられるところ。

 

自由に生きるために、自分の行動の責任を負って

生意気になれ!と挑発されるところ。

 

いわば

 

ルールを超えて

ぶっちぎりに突き抜けて

たくましく生きる

 

そのために、活用する場のように思います。

 

 

学校では教えてくれない分野(ビジネス、科学とか)の

トップランナーたちを講師陣に招いて、

話を聞いたり、一緒に行動したり。

 

 

わたしが受けたいわ!笑。

 

 

息子氏は、エントリーするつもりらしいです。

いいなぁ~!!

 

親の立場でも、こういう心躍るプロジェクトに

関わらせていただけるなら、

それも、アリだな!と思うのです。

 

息子氏の感性を通じて

どんな化学反応が起こるのか。

 

それを、すぐ傍で見せてもらえるのも、嬉しいですから。^^

 

例年、500人超の応募者から

今年度は、20~30人を選抜するそうなので、

まずは、この難関を突破することですね!

 

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/