人にそなわる不思議なチカラ

ストーンジュエリー・デザイナーまゆみの熱量の源。日々の気づき。大好きなもの。大切なもの。

子どもたちには、それぞれの道がある。自分らしく前進する。

こんばんは、にしじままゆみです。

 

明日から、異才発掘プロジェクトの、エントリーが開始されます。

 

rocket.tokyo

 

中学校2年生に進級したばかりの頃、

「2年生の抱負」という、今年度の目標を

クラス全員が書いて、掲示する。というものがあった。

 

その用紙には

学校行事が~、部活が~、勉強が~、とか

複数の項目があったので

 

おそらく、学校生活が楽しい、子どもたちは、

「中学校生活における、今年度の目標」を

書いたものと思われる。

 

後輩が入ってくるから、先輩として、しっかりします!!

3年生を支えながら、学校を、盛り上げていきます!!

みたいな?みたいな??

 

息子氏

「おれ、書くことない。

 身体が言うこときかないのに・・・なんで?

 そもそも、学校に行けないし、こんなの書く気ない。」と。

 

そら、そーだ。

身体がおかしくなってから、学校に行くどころか

日常生活すら、ままならなくなったんだものね。

 

わたし

「学校生活のことじゃなくて、いいと思うよ。

 義務教育的な模範解答は、そういうのが得意な人に、

 おまかせすればいいさ。誰かしらが、やってくれるよ。

 〇〇(息子氏)は、身体が落ち着いたら

 自分が、トライしていきたいことを、書けばいいと思う。」

 

息子氏 

「おれ、異才発掘プロジェクトに、参加したいんだよね。

 傘の柄を、鹿の角で作ったり、おもしろそうだと思って。

 おれも、いろいろ作ってみたいんだ。」

 

わたし

「おおー!いいね、いいね!

 じゃ、それ、書いて、提出すればいいね。」

 

息子氏は、このプロジェクトの超端的な説明と、

「異才発掘プロジェクトに参加したい!自分の可能性を、試したい!」と

自分の希望を書いて、学校に提出した。

 

 

f:id:bigiotteria-dellangelo:20170614115615j:plain

 

 

今月に入ってから、

学校で、学年主任の先生とお話していたときに、

異才発掘プロジェクトの話になった。

 

先生は、昨年あたり、TVで特集が組まれていたのを、

お子さんと一緒に、見たのだそう。

 

あるとき、息子氏の掲示物と、そのときの記憶が一致して

 

「これだ!!!

 〇〇(息子氏)は、

 これのことを、言っていたのか!」

 

と、ひらめいたそうな。

 

以来

「プロジェクトは、いつからですか!?

 え?応募が、今月中旬から!?

 倍率がすごい??選考の基準は!?」

 

「活動の頻度は??場所は、東大のキャンパスですか!?」

 

「どの分野で、エントリーするの!?

 え?モノづくり??

 数学ができるんだから、数学でエントリーしたら??」

 

「〇〇(息子氏)、ちょっと、これ、頑張ってよ~!!」

 

このように、先生から、応援されるという

わが家としては、想定外の事態に陥った。笑。

 

 

「普通であること」

「他人と同じように、ふるまうこと」

「他人から、理解されること」

 

それらを諦めたら

熱く応援してくれる人が、現れた。

 

 

執着も、期待もせず、いったん手放す。

このプロセスは、どんなことにも、通ずるのね。

 

「われわれは、職業が、教師ですので

 どうしても、学校生活のことを、中心にしてしまいます。

 ですが、子どもたちには、それぞれの道があると思っています。

 〇〇(息子氏)には、〇〇(息子氏)の道がある。

 それは、学校に通うことだけが、すべてではありません。」

 

「どのような形であっても、〇〇(息子氏)が、

 前進してくれることが、われわれの願いです。」

 

「身体のことがあるから、無理は、言えないけど

 こっち(異才発掘プロジェクト)も、頑張ってほしいなぁ~。」

 

先生~~~っ!!! ありがとーーー!!!

 

いま、息子氏本人が、エントリーに必要なことを

まとめているところですよ、と。

 

エントリー期間は、

6/15(木)10時~6/30(金)20時

 

時間はあるから、納得いくまで、やってくれー。

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

 STORES.jp→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 Creema→https://www.creema.jp/c/b-angelo

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

 ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

 

突然はじまる「許し」のプロセス①両親とわたし

こんにちは、にしじままゆみです。

 

ホントに、思いがけないことがきっかけで

突然「許し」のプロセスが、スタート。

 

まったくもって、ぜんっぜん関係ないことしてたのに。笑。

 

自分の中で、突然、スイッチが入ったら

もう、あとは、自動で進んでいくのみ。

 

そういうときは、抗わない。そのまま委ねる。

 

f:id:bigiotteria-dellangelo:20170604121955j:plain

 

わたし、自分の両親に、感謝することはあれども

まだ、許しきれていない部分があったんだな~って。

 

幼い頃から、よく、父に

「おまえは、女だから」って言われて

弟と待遇が違うことがあったのね。

 

特に、進路とか、お金が大きく動くようなタイミングで

そういうことを言われてたかな。

 

それで、父から

「おまえは、女だから」と言われるたびに

 

わたしは

「いつも『姉弟は、平等だ』って言ってるくせに

 そんなの不公平だ!差別だ!

 なんで、わたしが我慢しなければ、いけないんだ!」

 

って思ってた。そういう時期がありました。

 

で、そんな風に思っていた頃のことが、

突然、「バッ!!!」と蘇ってきて。

 

もう、自分の中では、消化して、昇華されていたはずなのに。

 

わたしの父と母は、実直で、誠実な、良き田舎の人。

ときには、無理をしてでも、人のために動いたりする。

でも、言葉が、端的にまとめられすぎるのが、難点。笑。

2人とも、不器用なんだろうねー。そういう人たち。

 

父が、かつて、わたしに言っていた

「おまえは、女だから」という言葉に込められた

本当の想いは、

 

 

「おまえは、女だから

 よき人と出会い、愛され、守られて生きる、

 そういう人生を選んでもいいんだよ。」

 

だった。

 

一方、弟に対しては

 

「おまえは、男だから

 厳しい世間と戦い、家族を守るべき立場になる。

 だから、その武器になるよう、

 きちんと学問を身につけろ。

 それ以外にも、できることを増やせ。」

 

だった。

 

やっとわかった。

あまりにも端折られすぎてて、

いったん、別の消化の仕方になってたけど。笑。

 

それは、男尊女卑とか、そんなんじゃなくて

 

人生の選択肢のひとつを

提案してくれていた

 

ただただ、親からわが子に向けた、深い愛情だった。

 

わたしは、ずっと愛されてたんだ。

 

それに気づいた瞬間、

「はい、正解!!」とばかりに

 

ハートのあたりから、全身のすみずみまで、

まぶしくて、あたたかな光が広がっていったのね。

 

わたしは、ずっと愛されていた。

これからも、愛されている。

 

気づけて、本当によかった。ありがとう。

 

そして、父に

「息子氏のバースデーケーキ、買って

 持っていくね~。(*´ω`*)」とメールで連絡したら

 

「お祝いに、家買ってやる」 と返ってきた。

 

「どんだけ、お孫らぶ♡で、太っ腹なの!?」って

ツッコミそうになったけど。笑。

 

のちに「お祝いに、うちで買ってやる」と判明。

 

おちゃめさん。笑。

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

STORES.jp→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

Creema→https://www.creema.jp/c/b-angelo

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

わが子を「天才」ととらえるのか「障害児」ととらえるのか。

こんばんは、にしじままゆみです。

 

5月上旬に、息子氏の

ギフテッド&アスペルガーの診断が確定してから、

学校には、報告に行き、

市役所の福祉課と教育委員会には、質問と相談に行きました。

 

正直なところ、公立の中学校って、組織体制が特殊なんですよね。

 

一応、学校は、市の教育委員会の組織の中に

位置づけされているんだけど、学校長がいますでしょ?

 

大枠で見たときに、教育委員会という1つの組織に、

トップが2人がいる状態なんですね。

 

で、どちらの方に、権限があるのかというと

公立の学校教育においては、

学校長の権限が、非常に大きいのです。

 

現場のことは、学校長に一任されている、と捉えると

わかりやすいかも。

 

それは、学校長の采配が、すべてであることを意味します。

 

教育委員会にも、立ち入れない部分ってのが、

存在するんじゃないか、と

そんな風に思うのは、わたしが、ヘソ曲がりだから?笑。

 

それはともかく、学校とやりとりするだけでなく、

教育委員会にも行ってこよう!と思ったわけです。

 

 

f:id:bigiotteria-dellangelo:20170530155732j:plain

 

率直な感想としては、行ってきてよかった!です。

 

担当してくださったのが、数年前まで

息子氏の中学校の教壇に立っていた、先生でした。

 

なので、先生方のことはもちろん、

学校の様子についても、よくよくご存知でした。

 

話が早いって、助かります。(*´ω`*)

 

残念ながら、提案されたサポートについては

息子氏には、合わないものでした。

 

突出した能力、凸を伸ばすものでは、なかったので。

 

ですが、高校進学のことも含め

知らなかった情報をいただけたことは、ありがたかったです。

 

「学校と教育委員会は、別物です。

 なにかありましたら、電話してきてくださいね。^^」と

言ってくださったのも、とても心強い!

 

f:id:bigiotteria-dellangelo:20170530160356j:plain

 

市役所の福祉課では、やはり、アスペルガーに焦点が当たりました。

「障害児」として、どうか。の話。

 

療育手帳を申請して、受諾されれば、福祉サービスは受けられる。

けれども、知能が高いから、まず無理。

 

もし、申請するならば、

発達障害を含む、精神障害の方になるだろう。

これも、確実に通るとは限らない。とのことでした。

 

「どのようなサービスを受けたいか?によって

 申請するか、しないか、決めてください。」

 

受けたいサービスがないので、お礼をして、退席。

 

ネット上では、わからないことを

直接、聞きに行ってみて、

丁寧に対応していただけたことは、とてもよかったです。

 

あくまでも、わが家のケースですが、

わたしが、息子氏のことを、「天才」ととらえるのか

「障害児」ととらえるのかによって、

 

行くべき場所、集まってくる情報の

質が大きく変わるということが、よくわかりました。

 

「天才」だと思っていたから、

異才発掘プロジェクトを見つけたわけですし

 

圧倒的大多数の他人と違うから「障害」ならば、

福祉の話になるわけで。

 

両方の要素があるということは、それだけ取捨選択を

慎重、かつ、大胆にする必要が、あるのかもしれません。

 

そのような息子氏に選ばれて

母にしてもらったのですから、ひるまず進みますよ。

 

たしかに、わたしたちの住んでいる市は、財政難だし

きめ細かなサポートを望むのは、難しい。

 

でも、行政の人たちは、わたしたちのために

できることをしようと、知恵を絞ってくれました。

 

その気持ち、とてもありがたかったです。

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

 

書字障害でも、読字障害でも!学びのサポートDO‐IT Japan

こんばんは、にしじままゆみです。

 

息子氏の診断が確定したので、

県立こども病院に連携してくださった

市内の総合病院(小児科)のドクターのところへ

お礼と報告に行ってきました。

 

診断については、こちら。

 

bigiotteria-dellangelo.hatenablog.com

 

まず、息子氏の体調が、かなり良くなってきていることを

喜んでくださいました。

 

「わたし、この子のために、

 なにもしてあげられなかったけど・・・」と、おっしゃるので

 

息子氏の身体症状に対して、原因もわからないのに

やたら薬を処方しないでくださったこと、

 

息子氏の訴えに耳を傾け、

わたしの話を受け止めてくださったこと、

 

「この子は、起立性調節障害だけじゃないと思うの。

 専門の先生に、詳しく診ていただいた方がいいよ。」と

すぐに、県立こども病院に連携してくださったこと、

 

そこから、道が開けていったこと、などなど

 

八方塞りの苦しいときに、突破口を開く

きっかけをくださったことに、心から感謝している、と

お伝えしました。

 

「この子は、ギフテッド。

 本当に、神様からの贈り物よ~。」と、ドクター。

 

「うちの子、アスペルガーとギフテッドの特徴

 両方を無意識に使い分けていますからね。

 だから、今回のように、詳しく検査を重ねていかないと

 諸々わかりにくかったのかな?と、思いました。

 それだけ、内在する能力が高いってことですよね~。」

 

「そうね~。だいたい、どちらかだものね。

 本当に、大変だったと思うわ。

 東京だったら、ギフテッドの子だけのスクールもあるんだけど

 このあたりは、ないからね~。なにかあるといいんだけど。」

 

ギフテッドについては

まだまだ知られていないと思っていたので、

市内の病院のドクターがご存じだったのは、

とてもとても嬉しい♪(*´ω`*)

 

で。異才発掘プロジェクトの説明会に行ってきたことを話して

 

「このプロジェクト、東京大学日本財団が共同主催なんです。

 別のプロジェクトでは、書字障害、読字障害の子たちの

 学習支援もしているって、教授が言ってましたよ~。」

 

「え!?本当!?それ、ちょっと教えて。」ということで

 

こちらをご紹介しました。

 

テクノロジーを活用した学習支援 DO-IT Japan

doit-japan.org

 

残念ながら、今年度の選考は終了しているけれど、

情報収集や一部のセミナーに参加できる、PALプログラムでも

かなり勇気づけられるんじゃないかと。

 

聴覚言語情報の処理に長けているってことは、

通訳とか、コミュニケーション中心の職業に

向いてるわけでしょ?

 

他のみんなと同じ方法で学習することが困難、というだけで

能力の高い子が、自分にふさわしい学校で学ぶことができない。

その能力を埋もれさせてしまう。

 

それって、すごくもったいないと思う。

 

先人たちが、道を切り拓いていってくれているおかげで

いま、こういうプロジェクトを目にすることができて、

参加するチャンスがあるのだから、

わたしも、気づいたときには、シェアしていこうと思います。

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

 

異才発掘プロジェクト「ROCKET」全国説明会@東京 2017.5.12

こんにちは、にしじままゆみです。

 

かねてより、親子で注目していた

 

異才発掘プロジェクト「ROCKET」

 

全国説明会に、参加してきました。

 

異才発掘プロジェクト「ROCKET」とは?

 

todai-umeet.com

 

東京大学の中邑教授が、冒頭でいきなり

「おじさんは、変態ですから!」と、力強く宣言されて。笑。

 

 

めっちゃシンパシー感じる!!(´艸`*)

 

 

まず、活動趣旨として触れていたのは、

 

ギフテッド教育を

目的としているものではないこと。

 

 

「うちの子を、ハーバード大学に入れたいんです!」

「うちの子を、オックスフォード大学に入れたいんです!」

 

そういう人たちのためにやるプロジェクトでは、ないですよ~、と。

 

「ぼく、東大の先生なのに、平気で

 そういうことを言う、親御さんがいらっしゃるんですよ?笑。」

 

の一言に、会場内は、笑いに包まれました。

 

ギフテッドと言っても、いろいろなタイプの子がいますから

 

あくまでも、ここでは、学術的な分野に突出している

(ハイリー)ギフテッドの子たちのために

教育を行う場ではない、という風に

線引きをされていらっしゃるようです。

 

わたしが聞いている限り、

ROCKETは、教育の場ではなく

 

 

能力や発達に凸凹がある

ユニークな子どもたちに与えられる、学びの場

 

既存の公的教育の枠から

はみだしちゃった、押し出されちゃった子たちが、

自分の発想を自由に表現したり、

遠慮なく、トライ&エラーを重ねられるところ。

 

自由に生きるために、自分の行動の責任を負って

生意気になれ!と挑発されるところ。

 

いわば

 

ルールを超えて

ぶっちぎりに突き抜けて

たくましく生きる

 

そのために、活用する場のように思います。

 

 

学校では教えてくれない分野(ビジネス、科学とか)の

トップランナーたちを講師陣に招いて、

話を聞いたり、一緒に行動したり。

 

 

わたしが受けたいわ!笑。

 

 

息子氏は、エントリーするつもりらしいです。

いいなぁ~!!

 

親の立場でも、こういう心躍るプロジェクトに

関わらせていただけるなら、

それも、アリだな!と思うのです。

 

息子氏の感性を通じて

どんな化学反応が起こるのか。

 

それを、すぐ傍で見せてもらえるのも、嬉しいですから。^^

 

例年、500人超の応募者から

今年度は、20~30人を選抜するそうなので、

まずは、この難関を突破することですね!

 

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

ギフテッド(2E)と高機能自閉症スペクトラム

こんばんは、にしじままゆみです。

 

今日は、中学2年生の、わが息子氏の話。

 

彼は、2E(Twice exceptional 2重に例外的な)タイプの

ギフテッドチャイルドです。

 

そして、高機能自閉症スペクトラム

アスペルガー傾向の強い子。

 

というか、典型的な「アスペちゃん」だそうです。

 

ギフテッドやアスペルガーについては、

こちらの記事がわかりやすいので

読んでみていただければ。

 

www.chantam.link

 

これ、つい先日、診断名がつきました。

 

特に、アスペルガーって

もっと幼いうちに判明するものだと思っていたから、

「中学生になってから、判明することもあるんだなぁ~」というのが

率直な感想。

 

小規模な小学校から、小規模な中学校

(とはいえ、学年の人数は、5倍になっている)に

進学してからのことなので、

 

子どもにとって、環境の変化というのは

潜在的に抱えているナニかを、浮き彫りにさせる

きっかけになるものなんだと、あらためて思います。

 

それから、ギフテッドというと

もんのすごい天才、英才のイメージがあるかもですが、

それは、数%のハイリーな方々。

 

わが息子氏は、能力や発達の凸凹が

常人の「それ」を、はるかに振りきっている

2E(Twice exceptional 2重に例外的な)タイプです。

 

学校の勉強は、国語が苦手だけど

あとは、なんでもできるんですね。

といっても、上位ではあったけれど

学年1位ではないです。競争欲がないんで。

 

彼には「自分の知識欲を満たしたい!」という欲求はあるけど、

「誰かと点数を競うために、勉強する!」ということは

わたしが知り得る限り、したことがないです。

 

わたしとしては、他の追随を許さないくらい

ぶっちぎりに突出した能力が、1つでもあるならば

 

「天才!!マジで、天才!!

 そこに絡めて

 できることを増やせば、

 食いっぱぐれることはない!!」

 

とか思っちゃうので、発達障害という表現が

いまいち、ピン!とこなかったりします。

 

たとえば、息子氏の凸凹っぷりは

どんなもんかというと、

 

知能検査 WISC (ウィスク)Ⅳと心理検査によれば

 

ある分野においては、

平均IQ120~130といわれている

東大生のIQよりも、上回っています。

 

視覚情報、聴覚言語情報を正確に理解し、

体系化して、概念として把握することに長けている。

物事を推論したり、仮説を立てて検証したり、

そういうのも超絶得意。頭の回転が速い。

 

一方で、ある分野においては、

同年代の子どもたちの平均IQ100と比しても、

えらい残念な感じだったり。

 

とにかく、字を書くのが遅い。orz

頭の回転が、めっちゃ速いのに

手の動きがまったく追いついていかない!

 

いや、小学校6年間かけて

書字障害の疑いから、

努力を積み重ねてきてのことなのです。

 

これは、もう

「頑張れば、どうにかなる」の領域にあらず。

 

こんな感じで、能力や発達の凸凹が大きいのです。

 

得意な分野と苦手な分野のIQの差が

±15を超えてくると、

日常生活における困りごとが

強く出てくるといわれているのですが

 

息子氏のIQ差、なんと50!(゚Д゚;)

 

「日本は、とかく

 『みんなと同じであることが素晴らしい』という

 風潮があります。

 義務教育では、同調圧力も強いですし。

 このタイプの子にとっては、中学校が、1番キツいですね。

 高校になれば、人の興味がバラけていくので

 だいぶ楽になると思いますよ。^^」と、おっしゃるドクター。

 

今年度は、周囲のペースに翻弄される状況を避けて

息子氏のペースを大事にしながら過ごすことに。

 

勉強は、ホームスクーリング中心で、

身体の調子が良いとき、かつ、

出たいものがあるときに、学校に顔を出す。

 

勝負するなら、受験に絡む

中学校3年生の1年間!

と、期間を決めることにしました。

 

本当に、良き理解者に恵まれたと思うわ~。

 

そして、病院と同時進行で通っている

東洋医学の治療家さんにも、多大な感謝を。

 

おかげさまで、甲状腺ホルモンの異常は解消され、

心電図も正常。

 

運動制限が解除されたので、一安心です!^^

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/

「タダ飯を食おう!!」から、斜め上に全力で話が展開していく件

にしじままゆみです。

 

先日、参加してきたイベントの最中に

 

「タダ飯を食おう!!」って話が出たのね。

  

bigiotteria-dellangelo.hatenablog.com


無理なく、自分のできることをして

人に喜んでもらって、

 

自分のごはん代を出してもらう。

いただく会費からペイする。

作ってもらったごはんを、食べさせてもらう。などなど。

 

自分が、なにかしらの価値を提供して

相手に、ごはんを食べさせてもらおう!って話。

 

ビジネスとか、価値の循環とか、

堅苦しい表現をしなくても、感覚的でわかりやすいよね。

 

その後、参加したみんなの合言葉が「タダ飯」になってた。笑。

 

みんなのFacebookの投稿やコメント欄を眺めて

「わたしも、あれやろっかなー♪」とか

いろいろ考えながら、ワクワクしてた。^^

 

そしたら。

突然、ある人と、会って話をすることになってね。

 

 

なんかしらんけど

 

 

資産家とのお見合い話が

きた!!!(゚Д゚;)

 

 

なんで? なんで?? なんで???

 

 

「タダ飯、タダ飯~~~♪」って

 

価値提供による

「タダ飯」のつもりで考えてたら、

 

なにもしなくても

「一生涯タダ飯OK!」の案件が

きちゃったよ。

 

 

アワワワワ!!!(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)

 

 

こちらから提供できる価値っていったら

 

 

わたし

 

 

そして

 

 

ギフテッドチャイルドの息子氏

 

 

価値提供どころか、相手方からしたら

多額の投資案件じゃないか!!!

 

 

この話、どーなる!!!??? 

 

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/