読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人にそなわる不思議なチカラ

ストーンジュエリー・デザイナーまゆみの熱量の源。日々の気づき。大好きなもの。大切なもの。

ギフテッド(2E)と高機能自閉症スペクトラム

こんばんは、にしじままゆみです。

 

今日は、中学2年生の、わが息子氏の話。

 

彼は、2E(Twice exceptional 2重に例外的な)タイプの

ギフテッドチャイルドです。

 

そして、高機能自閉症スペクトラム

アスペルガー傾向の強い子。

 

というか、典型的な「アスペちゃん」だそうです。

 

ギフテッドやアスペルガーについては、

こちらの記事がわかりやすいので

読んでみていただければ。

 

www.chantam.link

 

これ、つい先日、診断名がつきました。

 

特に、アスペルガーって

もっと幼いうちに判明するものだと思っていたから、

「中学生になってから、判明することもあるんだなぁ~」というのが

率直な感想。

 

小規模な小学校から、小規模な中学校

(とはいえ、学年の人数は、5倍になっている)に

進学してからのことなので、

 

子どもにとって、環境の変化というのは

潜在的に抱えているナニかを、浮き彫りにさせる

きっかけになるものなんだと、あらためて思います。

 

それから、ギフテッドというと

もんのすごい天才、英才のイメージがあるかもですが、

それは、数%のハイリーな方々。

 

わが息子氏は、能力や発達の凸凹が

常人の「それ」を、はるかに振りきっている

2E(Twice exceptional 2重に例外的な)タイプです。

 

学校の勉強は、国語が苦手だけど

あとは、なんでもできるんですね。

といっても、上位ではあったけれど

学年1位ではないです。競争欲がないんで。

 

彼には「自分の知識欲を満たしたい!」という欲求はあるけど、

「誰かと点数を競うために、勉強する!」ということは

わたしが知り得る限り、したことがないです。

 

わたしとしては、他の追随を許さないくらい

ぶっちぎりに突出した能力が、1つでもあるならば

 

「天才!!マジで、天才!!

 そこに絡めて

 できることを増やせば、

 食いっぱぐれることはない!!」

 

とか思っちゃうので、発達障害という表現が

いまいち、ピン!とこなかったりします。

 

たとえば、息子氏の凸凹っぷりは

どんなもんかというと、

 

知能検査 WISC (ウィスク)Ⅳと心理検査によれば

 

ある分野においては、

平均IQ120~130といわれている

東大生のIQよりも、上回っています。

 

視覚情報、聴覚言語情報を正確に理解し、

体系化して、概念として把握することに長けている。

物事を推論したり、仮説を立てて検証したり、

そういうのも超絶得意。頭の回転が速い。

 

一方で、ある分野においては、

同年代の子どもたちの平均IQ100と比しても、

えらい残念な感じだったり。

 

とにかく、字を書くのが遅い。orz

頭の回転が、めっちゃ速いのに

手の動きがまったく追いついていかない!

 

いや、小学校6年間かけて

書字障害の疑いから、

努力を積み重ねてきてのことなのです。

 

これは、もう

「頑張れば、どうにかなる」の領域にあらず。

 

こんな感じで、能力や発達の凸凹が大きいのです。

 

得意な分野と苦手な分野のIQの差が

±15を超えてくると、

日常生活における困りごとが

強く出てくるといわれているのですが

 

息子氏のIQ差、なんと50!(゚Д゚;)

 

「日本は、とかく

 『みんなと同じであることが素晴らしい』という

 風潮があります。

 義務教育では、同調圧力も強いですし。

 このタイプの子にとっては、中学校が、1番キツいですね。

 高校になれば、人の興味がバラけていくので

 だいぶ楽になると思いますよ。^^」と、おっしゃるドクター。

 

今年度は、周囲のペースに翻弄される状況を避けて

息子氏のペースを大事にしながら過ごすことに。

 

勉強は、ホームスクーリング中心で、

身体の調子が良いとき、かつ、

出たいものがあるときに、学校に顔を出す。

 

勝負するなら、受験に絡む

中学校3年生の1年間!

と、期間を決めることにしました。

 

本当に、良き理解者に恵まれたと思うわ~。

 

そして、病院と同時進行で通っている

東洋医学の治療家さんにも、多大な感謝を。

 

おかげさまで、甲状腺ホルモンの異常は解消され、

心電図も正常。

 

運動制限が解除されたので、一安心です!^^

 

 

わたしが創っている作品たち

 

直感でピン!ときたもの重視の方は、こちら。

(ワイヤーアート作品一覧)

WEBショップ→http://bigiotteria-dell-angelo.com/

 

じっくり見たい!説明も知りたい!慎重派の方は、こちら。

(1点ずつ、作品をご紹介中)

ブログ→http://ameblo.jp/beautiful-rainbows/